Concept

私どもは地域性に配慮した設計を軸に建築物の計画を考えていきます。地域性とは、その土地。土地にある心を豊かにしてくれるものでしたり、ご近所への配慮、日本の原風景に合う視的外観、まだまだたくさんありますが、いろんな事を考え住宅を設計しています。建築物の計画以外でもその住宅にあった外構の計画も並行して考えていきます。意匠性も大事にするのは当然のことですが、性能面のバランスもまた大事に考えていきます。昨今の時代背景でそういった性能を数値として現すUA値(外皮平均熱貫流率)やC値(隙間相当面積)などで表したりしています。心地よさとは数値では表せることができませんが、何年経っても心地よく暮らせる住宅をしっかり考え、これからも地場工務店だからこそできる家づくりを注文を頂くだけではなく提案もしっかりしていきたい思います。

自然素材を風合いを愉しむ、シンプルながらハイセンスな家

シンプルななかにもセンスが感じられるナチュラルモダンのデザインは、随所に洗練された都会的なイメージと、自然素材の温かみが感じられます。

施主様の夢を、想いをカタチに。じっくり向かい合い、お話をさせていただくことから生まれる様々な提案で、個性が光る家づくりをお約束いたします。

玄関は「家に帰ってきた」というやすらぎをはじめに感じられる大切な場所。

その瞬間に見える景色に趣向を凝らすことで安堵感を醸成します。

家族がくつろげるリビング。リビング全体はシンプルでありながら、壁の切替によってモダンに仕上げました。

日本人ならやはり和室も欲しいもの。風情のある月見窓が似合うのも和室ならでは! そんな和室作りもお任せください。

伝統的な作りの和室でも、畳のデザイン次第で様々な趣の和室が作れます。
お客様をもてなす客間としてもぴったりです。

家族が安心して幸せにくらしていくために、ゆずれないクオリティ

いい家をつくるには壁が重要

Point1

地震や台風の力は「壁」が支えます。

従来の日本家屋は、「大黒柱」の例えにあるように強い柱が重い屋根を支える構造でした。しかし、現在の木造住宅は、地震・台風などの横からくるカに対しては、「壁」の働きで対抗することが常識です。
そこで、ほしかわ工務店では壁材に耐力面材「ダイライト」を採用しております。
実物大の家屋を使った振動実験において、「ダイライト」は震度7という極大地震の強い揺れにも倒壊せず、実際の住宅に施工された場合にも、優れた耐震性を発揮することが証明されました。

Point2

「壁」の強さはもちろん、バランスが重要です。

水平力に対して対抗できる「壁または筋かいの入った軸組」を「耐力壁」といいます。耐力壁の水平力に対する性能は「壁」を構成する材料・材質・緊結方法によって異なり、性能の大小は、耐力壁の壁倍率で表されます。「壁倍率」は基準耐力に対する比率であり、数値が大きいほど性能が高いことを示しています。また、「壁量」とは「壁倍率×耐力壁の強さ」で計算され、建築基準法で最小限必要な壁量が決められています。2000年には、耐力壁の性能を確実に発揮させるため、壁の配置バランスも具体的に規定されました。

Point3

木造住宅の弱点は火災です。

地震と同時に発生する火災も被害を大きくする原因です。近隣からの飛び火や延焼を未然に防ぐことも「壁」に求められる重要な性能のひとつです。「ダイライト」は燃えにくい無機質素材ですから、すぐれた防耐火性能を備え、準不燃材料として認定されています。また、防火構造や準耐火構造の認定も取得。ご家族が安全に避難できる時間的な余裕を確保します。

Point4

「耐力壁」も腐ってしまうと効果を発揮しません。

壁倍率を認定された強い「壁」でも、木質系の「壁」は、時間の経過とともに腐れや白蟻の被害によって性能が劣化する恐れがあります。腐朽や白蟻に強い素材の「壁」を選ぶとともに、木造住宅の場合、柱や胴差などの躯体部分の劣化を防ぐことも重要なポイントといえます。「ダイライト」は構造用合板の約3~4倍の透湿性を発揮。壁の内部の湿気をすみやかに放出し、結露を防ぎます。

Point5

21世紀の住まいは健康や環境への配慮が必要です。

「壁」のトータル性能を評価するとき、住む人の健康や製造時の環境負担に配虜することも大切な要素です。社会的な問題になっているアスペストやホルムアルデヒドへの対応。そして、省資源・省エネへの貢献度が判断の基準です。

省エネルギー対策と断熱の両立

グラスウール充填断熱施工技術マイスターを全員が取得

アクリアで安心・快適な住環境を。

「住まいの快適さは断熱で決まる」そう言っても過言ではありません。
ほしかわ工務店の断熱は、高い省エネ性能と快適さを誇る「アクリア」を使用しています。
グラスウールのメリットを生かしながら、グラスウールをさらに進化させたノン・ホルムアルデヒド断熱材である「アクリア」を採用した住宅では、暑い夏は冷房効果が長持ち。寒い冬では魔法瓶のような暖房効果が得られます。

アクリアについて詳しくはこちら

さらに高い断熱効果をお求めの方に。

セルロースファイバーは、大小さまざまな繊維が絡み合うことで空気の層を作ります。
またその繊維の中にも自然の空気胞が存在しているため、その空気が熱や音を伝えにくくするのです。
さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。より高い断熱を求める方にはセルロース断熱をご提案しています。

「遮熱」でさらなる快適住宅へ。

ほしかわ工務店では、断熱材では防げない「輻射熱」を97%反射する「サーモバリア」を標準で屋根に施工いたします。
熱の移動には、直接接触することで伝わる「伝導」、空気を媒体に熱が伝わる「対流」、遠赤外線などの電磁波により伝わる「輻射」の3つの形態があります。屋内における熱の移動の割合の65%が「輻射」によるものであり、その熱は断熱性能だけでは遮ることができません。
輻射熱を家に溜めないためには輻射熱をはね返す「遮熱」が必要です。各種熱線をよく反射する特性を持つアルミニウムを使った遮熱材「サーモバリア」は、外部からの熱線を97%反射します。
サーモバリアの提供する安全・安心・省エネの快適住宅をぜひご検討ください。
なお、当社ではサーモバリアの効果をご体感できるツールをご用意しております。

防音工事で隣家を気にすることなく。

当社ではお客様に思いついた時間に思いついたことを楽しんで頂くために防音工事の施工も承っております。
外からのさまざまな音、騒音等が気になる方、楽器がご趣味の方などご検討ください。

消費エネルギーをゼロに ZEH(ゼッチ)

2020年ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を新築戸建て住宅の過半数へ

家庭にも省エネが求められている

COP21(国連気候変動枠組条約第21回綿約国会議)において、日本は2030年度までに温室効果ガス排出量の26%の削減(2013年度比)を公約しました。家庭部門においては、約39%の削減が求められています。

ZEH(ゼッチ)とは?

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電などによリエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が、正味(ネット)で、概ねゼロ以下になる住宅のことをいいます。

快適な室内空間+エネルギーを効率よく使う+エネルギーを創る≦0 エネルギーゼロ

ZEH普及目標と実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績(建築総数) ZHE普及目標
9棟 10棟 10% 30% 50%
▲PAGE TOP