メニュー
ほしかわ工務店
header-spec

住まいの性能

耐震について

  • 日本古来の工法で建てる

    ほしかわ工務店の家は、木造軸組工法で建てられています。木造軸組工法は日本古来の工法で、在来工法ともいわれます。柱を立て、梁を水平に渡し、筋交いという斜めの材を入れて補強しながら構造を成立させていきます。空間の自由度が高く、増改築にも柔軟に対応できるのが特徴ですが、逆に構造をしっかり考えないと地震や台風に弱い家にもなりかねません。ほしかわ工務店では、接合部を金物で緊結したり、耐力壁を適切に入れることで空間の自由度と構造のたしかさを両立した住まいを実現しています。

  • 耐震等級は2以上に

    地震に対する強さは耐震等級で表示されます。震度5を想定した建築基準法レベルの「1」では安心して住まう家にできません。ほしかわ工務店では、耐震等級は2以上を基本としています。もちろん最高等級の3にすることも可能です。

断熱について

  • セルロースファイバーで安心・快適な住環境を。

    「住まいの快適さは断熱で決まる」そう言っても過言ではありません。
    ほしかわ工務店の断熱は、高い省エネ性能と快適さを誇る「セルロースファイバー」を使用しています。
    新聞紙の古紙を再利用したエコ断熱材であるセルロースファイバーは、すぐれた断熱性はもちろんのこと、調湿性や吸音性といった機能も持ち合わせており、単に温度を保つというだけでなく五感に心地良い空間を実現します。

消費エネルギーをゼロに ZEH(ゼッチ)

ZEHとは?

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電などによリエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が、正味(ネット)で、概ねゼロ以下になる住宅のことをいいます。

ほしかわ工務店 ZEH普及目標と実績

- 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
建築総数 9棟 10棟 - - -
ZEH普及目標 - - 10% 30% 50%
実績 - - 40% - -